ホーム > 会社情報 > 会社沿革

会社情報会社沿革

写真1
1935年 (昭和10年)
・三菱各社の出資により化学工業用機械国産化のために化工機製作(株)として創立(写真1,2)
・オートクレーブ(反応釜)を製品第1号として受注
1936年 (昭和11年)
・硫酸製造装置第1号機を受注
1938年 (昭和13年)
・化工機製作(株)を三菱化工機(株)に商号変更
写真2
1940年 (昭和15年)
・電極焼成炉の国産化に成功し第1号機を受注
・油清浄機のOP型の第1号機を受注(写真3)
1941年 (昭和16年)
・空気液化分離装置の第1号機を納入
1947年 (昭和22年)
・ペニシリン製造装置の第1号機を受注
・アンモニア合成装置の化学工業会社向け受注活発化
1949年 (昭和24年)
・企業再建整備法に基づき、旧三菱化工機(株)の第二会社として
三菱化工機(株)(資本金75百万円)を設立し再発足。
写真3
1950年 (昭和25年)
・東京証券取引所及び大阪証券取引所に上場
1954年 (昭和29年)
・CWG(増熱水性ガス)プラント第1号機を受注、
以降都市ガス製造装置の受注活発化(写真4)
1957年 (昭和32年)
・船舶自己排出式油清浄機(SJ)の第1号機を納入
1958年 (昭和33年)
・大阪営業所を開設
1959年 (昭和34年)
・下水処理場向けし尿消化汚泥脱水設備の第1号機を受注、以降水処理機械・設備の受注活発化(写真5)
1961年 (昭和36年)
・硫黄回収装置(パーソンズ式)第1号機を受注
・四日市工場を開設 (昭和48年に四日市製作所に改組)
写真4
1963年 (昭和38年)
・水素製造装置の第1号機を受注(写真6)
1964年 (昭和39年)
・電力会社向けバースクリーン第1号機を受注
1965年 (昭和40年)
・活性汚泥法第1号機を完成
・民間企業向け排水処理の受注活発化
1966年 (昭和41年)
・産業機械用遠心分離機(デカンタ、ピーラーセントリフュージ)の受注活発化
写真5
1970年 (昭和45年)
・鹿島工場を開設
・SJ・OP(油清浄機)の累計生産台数が1万台を突破
1971年 (昭和46年)
・大型湿式排煙脱硫装置ウェルマン・ロード式(W/L式)第1号機を完成
1972年 (昭和47年)
・SNG(代替天然ガス)製造装置の第1号機を受注
・(株)化工機環境サービスを設立
写真6
1977年 (昭和52年)
・工事部門を分離し、化工機工事(株)(平成2年に(株)化工機イーアンドシーに商号変更)を設立
1978年 (昭和53年)
・インドネシア・アサハン・アルミニウムより大型電極焼成設備を受注
・中水道設備第1号機を完成
・化工機商事(株)を設立
写真7
1983年 (昭和58年)
・超臨界ガス抽出装置を開発(写真7)
・LNGサテライト設備の第1号機を受注
1987年 (昭和62年)
・四日市製作所の工場機能を川崎製作所に集約、四日市製作所を四日市事業所と改称
1991年 (平成3年)
・UASB方式(嫌気性排水処理)の産業排水処理設備の第1号機を納入
1992年 (平成4年)
・大阪営業所を大阪支店と改称
写真8
1994年 (平成6年)
・膜分離脱炭酸式SNG(代替天然ガス)装置を開発(写真8)
1995年 (平成7年)
・本店を東京都港区三田一丁目4番28号に移転
・横浜市にプロジェクトセンターを開設
・オランダ王国アムステルダム市に当社、三菱商事(株)の共同出資よる合弁会社「MKK EUROPE B.V.」を設立
1996年 (平成8年)
・大阪支店を大阪支社と改称
・下水汚泥からの透水性レンガ製造設備の第1号機を受注
・厚生省のエコランド計画(汚泥再生処理センター)に参画
1997年 (平成9年)
・本社機能を東京都港区三田から神奈川県川崎市川崎区の川崎製作所に移転
(平成10年8月に本店を川崎市川崎区大川町2番1号に移転)
写真9
1998年 (平成10年)
・(株)化工機イーアンドシーを解散し、化工機エンジ(株)を設立
・GMP対応横型遠心分離機を独国クラウスマッファイ社より技術導入し、販売を開始(写真9)
1999年 (平成11年)
・子会社を再編(技術関連3社は化工機プラント環境エンジ(株)に、厚生・サービス関連2社は化工機商事(株)に合併・再編)
・小型オンサイト型高純度(99.999%以上)水素製造装置を開発、納入開始
・油清浄機(OP型、SJ型)の総納入台数6万台を達成
2000年 (平成12年)
・油清浄機・新型SJユニットタイプの販売開始
写真10
2001年 (平成13年)
・半導体製造排ガス処理装置1号機を受注
・本社営業事務所(川崎市川崎区宮前町)を開設
・横浜市のプロジェクトセンターを閉鎖
2002年 (平成14年)
・船舶用三菱油清浄機の新機種(SJ-GENIUSシリーズ)の販売開始(写真10)
2003年 (平成15年)
・燃料電池搭載自動車用の水素ステーション第1号機を納入
2004年 (平成16年)
・四日市事業所を四日市工場と改称
・上海駐在員事務所を設立(平成24年に閉鎖)
写真11
2005年 (平成17年)
・新型水素製造装置「HyGeia(ハイジェイア)」を開発(写真11)
・セラミックス吸音板の技術導入を行う
2006年 (平成18年)
・下水汚泥を利用した高発熱量バイオマス燃料製造システム(MegaFuelTM) を開発
・米国NEIトリートメントシステムズ社よりバラスト水処理装置「三菱-VOSシステム」を技術導入
2007年 (平成19年)
・水素製造装置が第1号機受注(昭和38年)以来、受注累計が100基に達する
・タイ駐在員事務所を設立(平成24年に閉鎖)
2008年 (平成20年)
・中国・上海市に当社100%出資による「菱化貿易(上海)有限公司」を設立
2009年 (平成21年)
・鹿島工場の第二製缶工場が竣工
写真12
2010年 (平成22年)
・執行役員制度を導入
・東南アジア地域の顧客開拓を目的としてタイ王国・バンコク市に
現地法人MKK Asia Co.,Ltd.を設立(当社出資比率49%)
2011年 (平成23年)
・三菱油清浄機「三菱セルフジェクター」の累計生産台数が9万台を達成
2012年 (平成24年)
・川崎製作所に油清浄機生産工場が竣工(写真12)
・三菱油清浄機-三菱セルフジェクタの新シリーズ「三菱セルフジェクタHERCULES(ヘラクレス)シリーズ」の販売開始(写真12)
写真13
2013年 (平成25年)
・次世代型高効率水素製造装置「HyGeia-A(ハイジェイア・エイ)」開発・販売開始 (写真13)
2014年 (平成26年)
・国産初船舶SOx規制対応排ガス洗浄装置「三菱SOxスクラバー」を三菱重工業と共同開発
2015年 (平成27年)
・「HyGeiaシリーズ」小型オンサイト型水素製造装置が低CO2川崎ブランドの認証及び大賞受賞と川崎メカニズム認証を受ける
・国土交通省の下水道革新的技術実証事業(B-DASHプロジェクト)に採択された「下水バイオガス原料による水素創エネ技術の実証」を、国土交通省国土技術政策総合研究所からの委託研究として実施 (写真14)
写真14
2016年 (平成28年)
・三菱油清浄機「三菱セルフジェクター」の累計生産台数が10万台を達成
・監査等委員会設置会社へ移行
2017年 (平成29年)
・「MKK川崎水素ステーション(実証用)」を川崎製作所内に建設
 
 
ページの先頭へ